Aromatheraphy School
NISHIBEPPU

福岡でナード・ジャパン認定
アロマテラピー資格講座なら

アロマスクール 西別府

COURSE

コース案内

NARD JAPAN認定 アロマ・
アドバイザーコース

アロマテラピーについてくわしく学びたい方
自分でその時の自分にあった精油を選べるようになりたい方
2時間×12回で構成される、療法・健康管理法として活用できるアロマテラピーに関する基本的な知識を身につけることを目的としたコースです。精油の芳香成分など化学的なアプローチや解剖生理学の基礎知識をしっかり学びます。
*アロマテラピーベイシックの講師を目指す方は、当講座とあわせてアロマテラピーベイシック講座の受講と認定登録が必要になります。
◆受講内容 受講時間:2時間×12回 アロマテラピーの基礎から精油の化学、作用について学び、精油を安全且つ効果的に使用できるようになるための知識を実習と合わせて習得します。

▶︎授業の内容

◯レッスン1:アロマテラピーと精油の基礎~香りから広がる豊かな世界~
・アロマテラピーとは
・精油とは
・香りはからだに作用します
・精油を学ぶ(ペパーミント、ラベンダー・アングスティフォリア、レモン、オレンジ・スィート)
・実習:ルームコロン作成
◯レッスン2:精油の化学の基礎~アロアテラピーのミクロの世界へ~
・芳香分子とは何か
・精油の化学:モノテルペン炭化水素類、セスキテルペン炭化水素類
・精油を学ぶ(サイプレス、ジュニパー、フランキンセンス、ミルラ、ティートゥリー)
・実習:軟膏を作成
◯レッスン3:アロマでスキンケア1~美しいお肌のために~
・お肌(皮膚)の構造と役割
・お肌の状態に合わせた精油の選択
・精油の化学:モノテルペンアルコール類、フロクマリン類
・精油を学ぶ(パルマローザ、ホーウッド、ゼラニウム・エジプト、ラベンダー
・スピカ、カモマイル・ジャーマン、カモマイル・ローマン)
・実習:美容オイル
◯レッスン4:アロマでスキンケア2~ハーブウォーターでさらりと美肌~
・化粧品とは
・ハーブウォーターの基礎知識
・ハーブウォーターを学ぶ(カモマイル
・ジャーマンウォーター、ラベンダーウォーター、ローズウォーター、ティートゥリーウォーター、レモングラスウォーター、ペパーミントウォーター)
・実習:ハーブウォーターの化粧水
・人が芳香植物を利用してきた歴史

◯レッスン5:アロマバスでリラックス~一日の終わりを心地よく~
・沐浴
・神経系の基本:自律神経を中心に
・沐浴でリラックス
・リラックスとは
・安全なアロマテラピー実践のために(法律、精油の禁忌、注意など)
・精油の化学:エステル類
・精油を学ぶ(イランイラン、プチグレン、ベルガモット、マジョラム、ラベンダー・アングスティフォリア)
・実習:アロマバスオイル(アロマ入浴剤)
◯レッスン6:精油の調香~オリジナルの自然香水で素敵に香る~
・嗅覚
・香りの基礎知識と調香のヒント
・調香
・精油を学ぶ(ローズ、ネロリ、ジャスミン、パチュリー、サンダルウッド)
・実習:オードトワレ
◯レッスン7:毎日を元気に過ごすために~風邪やインフルエンザの予防~
・風邪、インフルエンザからからだを守る
・風邪、インフルエンザ予防に対するアロマテラピー
・精油を学ぶ(ユーカリ・ラディアタ、ラヴィンツァラ、ローズマリー・シネオール、ローレル、ブラックスプルース)
・実習:風邪予防&改善のためのジェル
◯レッスン8:アロマトリートメント~やさしい香りと心地よいタッチで癒される~
・アロマトリートメント
・ストレスとしてのアロマトリートメントの有用性
・キャリアとしての植物油
・植物油を学ぶ(ホホバ油、ファーナス油、ローズヒップ油、アルガン油、カロフィラム油、シアバター)
・実習:トリートメントオイルを作り、自分自身に行うハンドトリートメント

◯レッスン9:スムーズに動けるからだになろう~痛み、炎症へのアプローチ~
・痛み・炎症はから身体のサイン
・メタボリックシンドローム
・痛みや炎症に対するアロマテラピー
・精油を学ぶ(ユーカリ・レモン、レモングラス、リトセア、バジル、ウインターグリーン)
・精油の化学:フェノールメチルエーテル類、テルペン系アルデヒド類
・実習:痛み・炎症緩和クリーム
◯レッスン10:体質改善のための精油~心身のバランスを整えて~
・ヒポクラテスの体質診断
・体質診断を精油の選択に生かす
・精油を学ぶ(ローズマリー・カンファー、ヘリクリサム、ペパーミント)
・精油の化学:ケトン類
・実習①:体質改善に役立てるブレンドオイル 
・実習②:痩身のためのブレンドオイル
◯レッスン11:抗菌アロマテラピー~精油の抗菌作用で生活環境を整える~
・身の回りの微生物
・微生物の繁殖を抑制する精油と芳香性分類
・精油の化学:フェノール類、芳香族アルデヒド類
・ハウスケア:家庭での活用方法を考える
・実習①:石鹸基材を使って固形石鹸を作る
・実習②:抗菌スプレー
◯レッスン12:女性のためのアロマテラピー~妊娠、月経トラブル、更年期~
・女性ホルモンとからだの働き
・ストレス
・精油を学ぶ(クラリセージ、サンダルウッド、パチュリー)
・精油の化学:セスキテルペンアルコール類、ジテルペンアルコール類
・月経トラブル、更年期に役立つアロマテラピー
・妊娠時の精油利用について
・実習:ブレンドオイル

▶︎修了・資格をとったら?

・ 日々の健康管理にアロマテラピーを活かせます。
・ 試験合格後、申請によりアロマ・アドバイザーとして認定されます。
・ アロマテラピーベイシックの講師として活躍できます。
・アロマテラピーベイシックの受講終了と所定の手続きが必要です。
・ アロマショップ等の仕事において、知識を活用し、適切なアドバイスができるようになります。

jaJapanese